石井 克

石井克 Katu Ishii

1972 自由美術展 佳作作家 雲愛光賞受賞
1984 ~ 1994 東京展 奨励賞 東京展賞受賞
1987 「生きること描くこと」出版 国土社
2005 「表現と自立」出版 莖書房
2006 カエルの豆太 舞台美術 群馬中芸

isii-l

重いハンディを持つMは心のひだを奮わせる絵を描く。森に入ると 瞳が輝き、すっと立つ 木々のざわめき、木漏れ日、鳥の鳴き声と響 きあう。Mをとおして私も森羅万象を包みこむ森の深淵に引き込まれ 森をテーマに作品を描き続けている。最近は”変相する森”シリーズ として 地球環境や政治、経済 宗教などめまぐるしく変貌する世界 に視点をあて 滅亡と再生への想いを込めている。