伊藤 七男

伊藤七男

人は人と言う器の中で存在している限り、リアリズムも抽象も形象も否定できないだろうと考えている。