のだ たけし

のだ

ふと立ち止まり振り返る。心地いいものが在る。色やカタチ、匂いや音すらない気配だ。それらを表現したい。